給湯器にも寿命がある|交換の時期を知ろう

家

すぐに直せる

給湯器

給湯器の修理は簡単に依頼することができ、安く短時間で直してもらうことができます。利用は電話やインターネットのホームページから簡単に行えますし、買い直すよりも安くもとの状態に戻せますので積極的に利用していかれるといいでしょう。

エコジョーズで節約

リモコン

仙台でガス給湯器を設置したいときは、ガス代がお得なエコジョーズを検討するようにしてください。これまで捨てられていた高温の排気熱を利用してお湯を沸かせるタイプなので、環境に良く、費用対効果が優れているのでおすすめです。

10年を目安に新調

間取り

劣化により使用不能に

屋内で使う水は、浄水場から供給されているので、水道管も当然屋外にあります。そして給湯器を設置すると、この水道管の水をお湯にすることができます。これにより屋内では、ポットなどで自ら沸かすことなく温かいお湯を使用できるようになるのです。ところが、水道管は地中に埋まっていることがほとんどですが、給湯器は地上部分に設置されています。そのため外気などの影響を受けやすく、環境や使用頻度にもよるのですが、多くの場合10年前後が寿命となっています。寿命が尽きかけると、お湯の温度が安定しなくなったり、異臭が放たれたりします。寿命が尽きると、完全に使用できなくなるので、多くの人が10年を目安として給湯器を新しいものと交換しています。

部品のストック

もちろん大事に使用すれば、給湯器を10年以上長持ちさせることが可能となります。また、正常に使用できなくなったとしても、メーカーなどに修理を依頼すれば、再び使用可能になることも多々あります。ところが給湯器の修理は、多くの場合は寿命の尽きた部品の交換によっておこなわれます。したがって、部品があれば修理可能ということになりますが、その部品の数には限りがあります。というのも、給湯器自体の生産が終了した場合には、部品の生産も終了することになるからです。メーカーは、生産終了後も念のために部品をある程度ストックしておきますが、その期間は基本的には10年とされています。その後は、部品不足から修理自体が不可能となることがあるため、だからこそ多くの建物で、給湯器そのものが10年おきに新調されているわけです。

早めの対応で違いが出る

給湯器

長く給湯器を使い続ける時に、調子が悪いと感じるケースもあります。故障のサインをきちんと知ることができれば、修理業者に早めに依頼をして、直してもらえるため、費用を抑えられる方もいます。一か所のみの故障の場合もあれば、複数箇所に異常が見られる場合もあるので、早めの点検、修理は必要です。